Stats

 results 1 - 1 of about 1 for 糸魚川医療生協が破産手続き. (0.247 seconds) 

糸魚川医療生協が破産手続き

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! Buzzurlにブックマーク @niftyクリップに追加 このエントリをつぶやく Share on Tumblr FC2ブックマークへ追加 newsing it! この記事をChoix! Googleブックマークに追加 Bookmark this on Delicious Digg This FriendFeedで共有

新潟県糸魚川市で「姫川病院」(114床)を経営する糸魚川医療生協(清水勇理事長)は6月4日、弁護士に事後処理を一任した。近く破産手続きの開始を申し立てる予定で、姫川病院は30日に閉院する。負債は約22億6,600万円に達する見込み。1985年設立。姫川病院は87年に開業し、現在は内科、呼吸器科、循環器科、外科などを標榜している。今後も医師確保のめどが立たないほか、負債額が多すぎることなどから民事再生による再建を断念。4日に開いた理事会で30日閉院の方針を決めたという。市によれば、内科の診察は5日までに原則停止し、外科も11日から診察を停止する。ただ、脳神経外科の診察はしばらく通常どおり続けるという。また同病院によれば、5日時点では50人近い入院患者がいたが、その後市内の厚生連糸魚川総合病院(269床)などへの転院がスタートし、入院患者は8日時点で10人程度にまで減っている。他の医療機関にも受け入れを求めており、閉院までには転退院が完了する見通しという。姫川病院が閉鎖する方針を決めたのを受けて糸魚川市は5日、今後の対応を検討する対策チームを設置した。担当者は、「地域医療の確保のためにどう取り組むか検討したい」と話す。一方、新潟県は「糸魚川地域の医療提供体制に支障が及ばないよう、市や医師会、医療機関などと連携を密にして対応する」と話している。


Leave a Comment